blog

カラーボール・オーディション

投稿日:2013年6月17日 更新日:

6月15日(土)、カラーボール(高橋和奈さん、坪内祐介君)のお2人と一緒にRock Beats Cancer Fes Vol.2のオーディション最終選考にカメラマンという名目で帯同させて頂きました。

一次審査を通過したことだけでも凄いことだと思うのですが。
最終選考で選ばれると、なんと日比谷の野音(キャパ約3000人)で演奏できるというミュージシャンにとってはまたとないチャンス!!
しかも世界的に活躍しているあのLOUDNESS(ビルボード74位)も出演するイベント。

こんなチャンスだからかツボ君は楽屋の時点でかなり緊張。
楽屋−ツボ君

そして全く緊張していないというかずなさんをツボ君が激写。
楽屋−かずなさん

出演順はくじの結果5番目となり出演までの待ち時間はなんと2時間。

そしてとうとう「カラーボール」の名が呼ばれる。
この時はさすがに和奈さんも緊張していたようにみえました。
オーディションスタジオに入り機材のチェックをしていよいよスタート!!

カラーボール 機材チェック


カラーボールはまず自分たちの経歴を話し自己紹介。
これがこの後に歌われた「FOR MY DEAR」の歌詞を癌を経験していない審査員の方の心に届ける手助けになったしとても響いていたとも思います。

colorball

しかしこの時ツボ君に変化が起きていることには誰も気づきませんでした。
機材チェックの時一般審査員の中に会社の上司が来られていたようでツボ君は頭が真っ白になったそうです。

カラーボール 前を見れないツボ君

後で写真を見ると全く前を向いていませんでした(笑)

カラーボール2

そして無事演奏終了。
いつにもまして和奈さんの歌にとても気持ちが乗っていてよかったと思います。ツボ君もあの緊張の中よく頑張ったと思います。

審査結果は・・・・・・・・、
惜しくも次点でした。
やはり日比谷野音という場所、LOUDNESSの出るイベントでのオープニングアクト、メッセージ性という総合的なものを考慮して決定されたそうです。
でもメッセージ性はどのバンドよりも強く説得性があったと思います。

次へ繋がる第一歩だ、カラーボール!!

 

-blog

執筆者:

■大原薬品工業株式会社様
スライド1

■ゴールドリボンネットワーク様
スライド2

■樋口宗孝がん研究基金様
スライド3