blog

看護師3年目になりました

投稿日:2011年12月5日 更新日:

STAND UP!!メンバーのちひろです。

退院後の生活について書かせていただきます。



自己紹介をしますと、短大(3年制の看護学部)2年生で右上腕滑膜肉腫となり、手術と抗がん剤治療のために約1年間入退院を繰り返していました。現在は24歳、3年目の看護師として働いています。
フリーペーパー1号に体験談を書いているので、そちらも読んでいただけたら嬉しいです。




私は1年留年し、最後の治療が終わってから1ヶ月弱で完全に復学しました。2年時後期からの復学で忙しく体力的に辛いこともありましたが、どちらかというと当時は精神的な面の方が辛かったです。同学年だった友人たちが3年生となり勉強や実習に励んでいる姿を見ていると、切ないような悲しいような気持ちになっていました。でも、入院中ずっと行きたかった学校なので授業もすごく楽しかったし、新しい学年の友だちもできて充実した学生生活を送れました。

その後は病院実習・国家試験を経て、現在は入院していたがんセンターで働いています。再発に対する不安は消えませんが、仕事に趣味に恋愛にSTAND UP!!の活動
に、楽しんで毎日を過ごせています。家族や周りのサポートの力もとても大きいと思います。感謝☆

退院後の生活で変わったことで良かったことは、病気になる前までは当たり前だと思っていたことが幸せに感じられるようになったこと。悪かったことは恋愛対して若干消極的になったこと。がん患者の自分より健康な女の子の方が絶対いいはず…という気持ちは何年経っても変わらずあります。でも、病気を受け入れてくれる人もたくさんいるし、がん患者でも恋愛は無限大にできると今では思っています。

振り返ってみると、がんになって良かったと思えたこともありました。STAND UP!!の仲間と出会えたこともその1つです。でも治療中は先が見えず不安でいっぱいで、今まで生きていた中で1番辛い時期でした。現在治療中の方は、大変な治療なので気持ちのコントロールができない時もあると思います。焦らず無理しすぎず、でも頑張って治療を乗り越えていけるように…たくさんの仲間が応援しています(_ )!



長文となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。



  • なうで紹介
  • mixiチェック
  • ツイートする

-blog

執筆者:

■大原薬品工業株式会社様
スライド1

■ゴールドリボンネットワーク様
スライド2

■樋口宗孝がん研究基金様
スライド3