blog

STAND UP!!のロゴをリニューアルしました

投稿日:

こんにちは、鳥井です。

なんと、、、2020年6月1日より、団体のロゴをリニューアルしましたー!!!

・新ロゴ

・今までのロゴ

今回はロゴを変えた理由や新ロゴに込めた想いなどをブログにまとめていきます。

ロゴを変えた理由

日本においてAYA世代という言葉をほぼ聞くことのなかった、2009年に団体が発足しました。10年以上運営を続けていくと、運営に携わっているメンバーの状況が変わってきます。今までは患者会活動に時間を使えていたメンバーも、会社でのポジションが変わったり、プライベートの状況が変わったりと。。。

そんなこともあって、2019年には代表・副代表副を交代し、現体制となりました。そこで10年以上使い続けたロゴもリニューアルしようということになりました。

ただ、なかなかロゴのデザインが出来る方が見つからず、1年近く動けずにいました。そんな時に、2020年2月に開催した運営委員説明会で、たまたまメンバーでデザイナーのふじあこ(@udonsuki555)さんが参加してくれ、再び進めていけることになりました。

ロゴ変更の進め方

まず3月にオンライン会議を行い、そこで団体の発足経緯や団体の想い、ロゴのイメージをふじあこさんに伝えました。4月にはその伝えたコンセプトをデザイン案に落とし込んでくれました。

当初のロゴ案

そのデザイン案をみて、「これ良いですね」「こうしてもらえますか」など、好き放題言わせてもらいました笑

その意見を元に修正してもらい、いくつか絞り込んだ案で、運営委員と創設者(ファウンダー)で決選投票を行い、最終的に「4」が採用されました!!

決選投票

ちなみにメンバーそれぞれの投票理由です。
———–
・③⑥も「S」と「!」でわかりやすくて素敵だけど、多様性(形と色)とカッコ良さ①④選びました

・4色盛り込んで欲しかったので①②④⑤にしぼりました。①④のデザインであれば文字が尖っている方が好みのため④に一票。

・名刺やFPに載せた感じを見ると①④のロゴが好きで、このロゴだと先端が尖った感じがすっきりみえたので④。⑥は今までにない新しくSUらしさがあるため選びました。(FPで見ると④のロゴの方が合っている気はする)

・とがっているほう、そしてさまざまなカタチがいい意味でSTAND UP!!っぽい!

・形がピンバッジなどにしやすそうで③⑥も迷いましたが、多様性をより表せる①④にしました。字体は力強いほうが好きです
———–

ロゴに込めた想い

ふじあこ(@udonsuki555)さんより「ロゴに込めた想い」をまとめていただきました。

STAND UP!!は、「がん患者には夢がある」「1人じゃない」をモットーに活動しています。

そのモットーを軸に、ロゴのコンセプトを「ハブ・希望の象徴」と決め、コンセプトを表現するために「希望・つながり・若者らしさ」を印象付けるデザインにいたしました。

ロゴデザインのあしらいには以下の意図があります。

—————————–
▼希望
前に進んでいく明るく、動きのあるデザイン
がんになっても可能性があるという考えの前向きさを印象付ける為、力強い太めのフォントを使用いたしました。

▼つながり
様々な人がいる=多様性があることを印象付ける為、複数の形と色を使用しています。
(色は基本の4色を混ぜることでどの色でも作れる為、赤・青・黄色・緑を使用)

▼若者らしさ
明るく、健康的な印象を与えるブライトトーンを使用しています。
加えて、ロゴをみた人に明るい気持ちになって貰いたいという意図もありこちらのトーンを使用しました。
—————————–

ロゴデザインは一見、1つのシンボルに見えるけれど分解していくと様々な色、形で作られています。

STAND UP!!も様々な人が集まり助け合い、AYA世代のがん患者にとって「ハブ・希望の象徴」となる団体として活動していけたら…という願いを、今回のロゴデザインに込めています。

今後のロゴの活用について

これから、団体のリーフレットや名刺やInstagramは順次新ロゴに変更していきます。

また来年4月に発行予定のフリーペーパー12号からは新しいロゴを使用していきます。4月に11号を発行したばかりですが、12号では内容のほか、新デザインも楽しみにして下さい!

運営委員 鳥井 大吾

-blog

執筆者:

■大原薬品工業株式会社様
スライド1

■ゴールドリボンネットワーク様
スライド2

■樋口宗孝がん研究基金様
スライド3