blog

【10/1(土)】リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2022に参加しました!

投稿日:2022年10月24日 更新日:

こんにちは、STAND UP!!事務局長の若井です。

10月1日(土)にSTAND UP!!として3年ぶりの対面のイベントである「リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2022」に参加しました!

参加者からは、以下の感想をいただきましたので紹介します。

===
私は対面でのイベントの参加が初めてでした。今まではオンライン交流会などで皆様とお話ししたことがあったので、いざ会ってみてとっても嬉しかったです。「はじめまして」だけど「はじめまして」じゃない感じが不思議でした。笑
対面でお話ししたり歩いたりすることができて、やはり対面での交流が素晴らしく幸せだなぁとしみじみと思いました。2時間近くかけて行った良かったです。また他の対面イベントも参加したいです!イベントの運営から現場の設営、撤収まで様々な方に感謝です。

初めての参加でしたが、皆さま優しい方で、とても居心地良く過ごせました。秋晴れの屋外を一緒に歩いたり、テントの下でゆったりお話する時間はがん患者さんにとっても、気持ちをリフレッシュする良い機会だと思います。

イベントではさまざまなブースがあり、マッサージなども楽しむことができました。素晴らしいイベントなので、今後も参加させていただきたいと思います。

今回はじめて参加しました。日頃の学校生活でもなかなか若年性がんの経験者はいなく、今回直接お話しできてよかったです。また、様々ながんの団体を直接見学出来て、自分ひとりじゃない、ということを実感できました。また参加したいです。

久しぶりの対面イベントでしたが、皆さんとお会いできたのは勿論のこと、ステージでのバンド演奏や物品販売、その他色んな出し物がありとても楽しかったです!また夜のルミナリエは特に綺麗で幻想的で印象的でした。そしてより会場が一体となった瞬間だと感じました。これからもがん患者や家族、医療従事者等、がんに関わる全ての人がこのイベントを通して知り合い、助け合っていければと感じました。
===

コロナもまだ落ち着かないですが、来年も対面での開催できれば良いなと思います!!

※リレー・フォー・ライフとは、がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、勇気と希望を分かち合うチャリティーイベントです。1985年、アメリカ人外科医が「がんは24時間眠らない」「がん患者は24時間闘っている」というメッセージを掲げて、がん患者の勇気をたたえ、支援するために走りました。今や世界20カ国で開催され、毎年世界中で400万人を超える人たちが参加しています。日本では、日本対がん協会と各地のボランティアでつくる実行委員会が、全国40カ所以上で開催しています。

-blog

執筆者:

■大原薬品工業株式会社
スライド1

■ゴールドリボンネットワーク
スライド2

■樋口宗孝がん研究基金(FP12号助成)
スライド3

■公益財団法人 正力厚生会(FP12号助成)
スライド3

■株式会社 三菱UFJ銀行
スライド3